toggle
2017-02-05

シアヌークビルから離島のロン島へ

2017年1月25日~26日

 

今日もブルー シー ブティック ホテルの朝食から。

IMG_3838.jpg IMG_3839.jpg

出発がAM9時でしたが、30分前に到着。チケットは昨日買っていました。詳細は昨日の日記で!

IMG_3840.jpg IMG_3844.jpg

IMG_3845.jpg IMG_3847.jpg

30分位でロン島に到着~

風が強く波も立っていたので、どうなるかと思っていたが無事に到着しました。少し怖かった。

運転手の最初はボートを飛ばしていたのですが、途中でスピードもゆるめた。波が高かったです。僕も毎年海に出ているので波を見るんですよね。ボートは波と波の間を走っていた。一番衝撃が少なく安定しているラインです。僕が心配しなくても毎日走っているプロが運転しているから大丈夫だと自分に言い聞かせていた。

IMG_3850.jpg

島で一番にぎやかな場所です。

IMG_3853.jpg

少し歩いてホテルに到着。桟橋から下りると砂浜なのでスーツケースではタイヤが転がりません。

 

インドネシア、バリ島の隣のロンボク島の離島で、ギリメノ、ギリアイル、ギリトラワンガンに似た雰囲気です。

2012年

2015年

 

アイランド パレス バンガローズ リゾート

お部屋は、B07のバンガローです。一泊一部屋の値段で3,099円。一人計算は1,549円

水シャワー、扇風機のみ、蚊帳、他は全く何もありません。あとは電気と鏡があったくらいです。

ドミを探せば、数百円の安い宿もありますが、離島の料金は平均的に高めです。

IMG_3854.jpg

蚊帳、ハンモック

IMG_9634.jpg IMG_9635.jpg

こんな感じな宿でも、宏依は景色を見たらテンションが上がったとボソッと言っていた。たくましくなったものです。何人の日本人がこの手の宿で我慢できるか?水は水でも汚い水です。ここでは歯磨きもミネラルウォーターで歯磨きを致しました。

IMG_9638.jpg IMG_9639.jpg

安いお宿のご予約は下記へどうぞ!

 

ホテルのフロント前からの写真です。僕が乗ってきたボートは、Buva Seaでしたが、この桟橋にはG.T.V.C.のオフィスがあったので、G.T.V.C.のスピードボートに乗れば目の前に着いたかもしれません。

IMG_3857.jpg IMG_3858.jpg

早速、海岸を探索です。

IMG_3859.jpg

旅猿で東野、岡村、出川さん達が入っていた、モンキーアイランド

IMG_9654.jpg

宿から北に進んで行ったのですが、段々と綺麗な海が見れました。

IMG_2478.jpg

IMG_2482.jpg

IMG_2483.jpg

少し海水浴をしながら海でのんびり

夕食は、屋台で安く済ませました。

IMG_3869.jpg IMG_3868.jpg

宿泊したホテル付近が島で一番にぎやかな場所なんです。欧米人が集まっているのでガンガンうるさいです。お店に入るとお金を使ってしまうので、今回は、ビールをマーケットで買い、屋台でつまみを買い、屋台の後ろにあるテーブルで夕飯を済ませました。海も近くの砂浜の上です。

 

お腹がいっぱいになったので宿に戻り、暗くて全くすることも無いので早めの就寝。お部屋も丘の上の方でWiFiも届いたり届かなかったり。全く何もすることが無い。WiFiの状況も悪いので日記も島に居る時は書けませんでした。

 

 

2017年1月26日

早く目が覚めたので朝日鑑賞

IMG_9665.jpg IMG_9668.jpg

IMG_9671.jpg

ここで持ち物を少し紹介

トラベルシーツのコクーン(COCOON)

最初はシェラフ(寝袋)の中に入れる為に買っていました。

このシーツは筒形だけではなく、チャックを外すと広がりシーツにもなります。

何が良いかと言うとダニ防止、100%シルクなので、つるつるさらさらで涼しく感じます。寝心地が一段と良くなります。

IMG_9673.jpg IMG_9674.jpg

小さくて軽いのも便利です。

IMG_9677.jpg

 

Cocoon(コクーン) ST50-C カップラー シルク チェックドシルク

COCOON(コクーン) ST50-Cトラベルシーツカップラー チェックドシルク(100%シルク) 収納ケース付 12550019802(ei0a080)

 

 

バックパッカーでの旅をしていて、一番使っていて重宝しているのが、100均に売っている洗濯ロープ。引っかけるだけで長さが自由に調整できるので便利。宿に着いた瞬間出します。安宿は収納スペースがないのでホント重宝しています。おまけに100均に売っている洗濯バサミとセットです。

IMG_3875.jpg IMG_3877.jpg

これも便利、ホステルやゲストハウスなどのシャワールームで吊るします。共同のシャワールームでも便利ですよ。安宿にはシャンプーや石鹸を置いておくスペースが無い宿が多いです。

IMG_3879.jpg

 

【ポイント最大12倍】【旅行用品】MILESTO ミレスト バスルームオーガナイザー 4L トラベルポーチ 洗面用具 化粧ポーチ バスルームポーチ

 

 

どこで買ったか忘れましたが、下記写真はトイレットペーパー入れです。旅をしているとトイレットペーパーが無いトイレも多くあります。安宿にはティッシュペーパーもありません。何かと便利に使ってます。

IMG_3880.jpg

 

トランキン-TRUNKIN ロールペーパーバッグ

 

 

これは日本でもよく使っている、スノーピークの雪峰

真空なので温かい物は長く温かく、冷たい物は長く冷たく、更に重ねられてチタンで軽い

IMG_3882.jpg IMG_3883.jpg

 

snow peak(スノーピーク) スタッキングマグ雪峰Sセット TW-137納期:2017年03月下旬カップ バーべキュー用品 調理器具 テーブルウェア テーブルウェアセット アウトドアギア

 

ここからは島の反対側(西側)を目指した時の写真です。山道はBuva Seaのオフィスの隣を入って行きます。

少々の登山で時間が掛かるのが分かっていたので、地元のボートタクシーと看板が上がっている店舗に聞いてみたら今日は波が高くて船を出せないと言われた。僕たちは歩いて反対側のビーチに向かう事にしました。この少し奥からケモノ道が始まります。僕も少々不安でしたが携帯電話のGPSがあって良かったです。山道には全く誰も居なかったので、後から外人さん達も合流してきて心強かった。登山の感覚は角田山にビーチサンダルで登った感じです。

IMG_3912.jpg

こんな場所を、1時間掛かりました。尋常じゃない汗でした。

IMG_3886.jpg IMG_3891.jpg

海が見えた~

IMG_3892.jpg

綺麗

IMG_3893.jpg

来て良かった。

IMG_3896.jpg

周りに誰もいません。プライベート感たっぷり。

IMG_3899.jpg

IMG_3901.jpg

この山の中を1時間掛けて抜けてきた。

IMG_3894.jpg

何時間か海を満喫いたしました。

山を抜けた場所は、この海岸線の一番南です。北の方に行くとホテルや桟橋があってボートが出ている予想をしていましたが、一番北の方まで行ってボートが無いと言われるとまた戻って登山を始めないといけないので、一旦ボートが3隻停泊していた比較的近い南の桟橋に行ってみた。

 

人影が見えないけど桟橋の先の方に向かっていると、後ろから声が掛かり少年が1人走ってきた。

僕たちは、ボディーランゲージで島の向こうに行きたいとジェスチャー。少年は今日は波があるから駄目だと手を振る。しばらく歩いているとバイクでも送れると言ってきた。いくらか聞くと1人5ドルと言われた。僕たちは高いと首を振る。少年は車でも大丈夫と言う。僕たちは首を振る。僕たちは(仕方ない歩いて帰ろうか)と、この山道の途中まで来たら後ろから違う少年の声が掛かりバイクで6ドル(1人3ドル)で手を打った。海沿いに車が通れる道があるようです。しばらく走ると行き止まりになっていて、ここから15分歩けと言われた。無事に着いたのですが、この道があるのであれば、ここまで来て地元のバイク乗りに交渉すれば安く反対側に来れたかもしれません。

 

バイクで送ってもらった動画です。

 

島のメイン通りに戻りました。

ロン島は、2日間の滞在です。明日は、ロン・サムレム島に移動するので、私たちがロン島まで乗ってきたBuva Seaのオフィスで、ロン・サムレム島行きのチケットを買った。最初は1人7ドルと言われて、ん?シアヌークビルのオフィースでは5ドルと言われた事を伝えると5ドルになった?なんなんだ・・・?

IMG_3911.jpg IMG_3909.jpg

 

下の写真は夕飯です。フィッシュ&チップス3.5ドル、フライドヌードル1.23ドル、ツナサラダ3ドル(日本円114円計算で合計883円)島をうろうろして安いお店を見つけました。

 

ここに入ってくる欧米人が注文している物を見ていると、ほとんどの外人さんが、1,25ドルのフライドライスか、フライドヌードルか、スープヌードルを1人1品づつ注文して食べてました。(日本円114円計算で142円)外人さんは長期の旅の人が多いので節約している人が多いです。まだお店に入る外人さんは良いです。ドミトリーなどの2段ベットがあるような共同部屋に泊まっている人は、マーケットで大きな食パンやバケットを買ってかじってます。数日間食べると思います。

IMG_3916.jpg IMG_3913.jpg

 

海外旅行は高く感じますが、ツアーではなく自分で決めれれば日本国内の旅行より安いと思います。宿も500円位からあるので、旅は若いうちに出掛けましょう。若ければ無理もききます。僕はそろそろ安ければいいだけのバックパッカーは辛くなってきた。宿も食べ物もある程度の値段を出したい。安い物は安いなりです。若いときは笑えたが、今はやる気が無くなったり、気がめいります。

 

今回、ロン島で宿泊している時に思ったのですが、僕はにぎやかな場所も好きで、良く欧米人が居る場所に宿を取ります。今回もロン島で一番にぎやかな場所に宿泊したのですが、もうドンドンとうるさくて、うるさいのが飽きてしまった。シェムリアップほどにぎやかではないのですが、今回は近寄るのも避けました。メリハリとでも言うのでしょうか?遊ぶ時は遊ぶ。のんびりする時はとことんのんびり過ごす。この島では東側ではなく西側の静かな場所に宿をとれば良かったと後悔しました。夕日も見れますしね!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 


海外旅行 ブログランキングへ


国内旅行 ブログランキングへ

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA