toggle
2017-02-06

ロン島からもう一つの離島でロン・サムレム島へ

2017年1月27日~30日

 

今日はロン島からもう一つの離島で、ロン・サムレム島へ渡ります。

朝起きて海岸へ行ってみたら海水が上がっていた。

IMG_3917.jpg

生活用水は、雨水も入ってますね。

IMG_3918.jpg

前回の日記にも書いた安い食堂です。Buva Seaオフィスの脇から入って直ぐです。

船で朝から移動するので朝ご飯を食べました。

IMG_3922.jpg IMG_3923.jpg

フライドライス1,25ドル(日本円114円計算で142円)

IMG_3924.jpg

船に乗り込みます。僕達は、ロン島まで来るのにスピードボートに乗ってきて、同じボート会社にお願いしたから同じスピードボートだと思っていたら違った。チケットを係員に渡している人達を見ていたが、色々なボート会社のチケットが回収されていたので、どの会社で買ってもロン・サムレム島への移動はこの船だったと思います。個人的にお願いをすれば地元の小さいボートだったかもしれません。そっちの方が早いかも?

IMG_3927.jpg

島は比較的近いのに、ちんたら1時間も掛かった。揺れるし遅いし凄く疲れた。

IMG_3930.jpg IMG_3931.jpg

ロン・サムレム島に上陸

IMG_3932.jpg

今回は、シービューの小さなコテージです。ザ ビーチ アイランド リゾート

少し料金が高めで一泊一部屋の値段が5,410円、一人計算で2,705円です。

水シャワー、扇風機、他は鏡が付いているくらいかな?

このホテルは一番立地の良いところで他を見渡してもトップクラスに綺麗そうでした。併設されているレストランも値段が高めで、落ち着いている方々が集まっている感じです。このホテルが水シャワーなので、新しい宿は分かりませんが、ロン島もロン・サムレム島も、どのホテルも水シャワーかもしれません。

IMG_3935.jpg IMG_3936.jpg

WiFiが飛んでいるのはレストラン付近だけ。電波は部屋まで来ていませんでした。なのでここでもパソコンは開いていません。

IMG_3938.jpg IMG_3934.jpg

 

ロン・サムレム島でもコクーン(COCOON)トラベルシーツを敷いてみた。

ダニ防止と、100%シルクで、つるつるさらさらで涼しく感じ寝心地が一段と良くなります。

COCOON(コクーン) ST50-Cトラベルシーツカップラー チェックドシルク(100%シルク) 収納ケース付 12550019802(ei0a080)

IMG_9831.jpg IMG_9677.jpg

僕達が宿泊した部屋は2番目に料金が高い部屋で、他の部屋は奥に入り段々と海が見えなくなります。その他は横に10m位の2階建ての建物があって外からは丸見えでベットが並んでいて、一つ一つに蚊帳が付いていたドミもありました。もう少し若かったらここでも良かった。面白そう。他の宿はテントが並んでいた宿もあった。700円だっかな?下の写真の部屋はトイレ共同だと思います。

IMG_3975.jpg IMG_3976.jpg

IMG_3978.jpg

ここは僕たちが泊まったお部屋。

IMG_9701.jpg

この左側が一番良いお部屋です。

IMG_9710.jpg

 

安いお宿のご予約は下記へどうぞ!

 

この島に来てから中国語の注意看板を多く見かける。その時はここも中国人が良く来るんだろうな~としか思っていなかった。

IMG_9724.jpg

いくつかある桟橋で、一番南にある桟橋です。よくボートが発着していたので、少し遠いのですが帰りのボートの確認をする為に来てみたのですが、Buva Seaのオフィスは有りませんでした。

IMG_9702.jpg IMG_9703.jpg

レストランで昼食を食べていた時に島の地図を見かけた。よく見ると宿泊しているこのホテルの裏辺りから西側に抜ける道があった。ホテルの裏側を見渡していたら僕らの泊まっているコテージの裏に道を発見。宏依は見て見ぬふりをしていたが、僕は後悔をしたくないので行きます。

IMG_3944.jpg

ロン島の山より楽でした。

30分位です。僕の家の地域にある山で例えますと、ロン島は角田山で、ロン・サムレム島は護摩堂山

IMG_3946.jpg IMG_3960.jpg

IMG_3974.jpg IMG_3966.jpg

IMG_3965.jpg IMG_3964.jpg

IMG_3963.jpg IMG_3962.jpg

IMG_3973.jpg

到着

IMG_3948.jpg IMG_3952.jpg

ロン島のように綺麗な海を期待していたが、あまり綺麗では無かったので直ぐに退散。また山道を帰ります。

IMG_3951.jpg IMG_3950.jpg

下の写真は夕食のピザです。お店の名前は忘れましたが、ピザは6ドル~、ビールは1,5ドルでした。

この島は少し高めです。安く済ませるのであれば本島から何か持ってきた方が良さそうです。ですが冷蔵庫はありません。

僕と宏依は、ここの店主に何故かトルコ人に間違われた。店主はイタリア人で、日本にも3ヵ月居たと言っていた。

IMG_3982.jpg IMG_3981.jpg

 

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

 

1月28日だったか29日の朝日です。

IMG_9726.jpg

IMG_9731.jpg

IMG_9733.jpg

朝は気持ちが良い。

IMG_9737.jpg

この日は朝から穏やかでした。

IMG_9747.jpg

IMG_9751.jpg

IMG_9754.jpg

今回このホテルに泊まって思ったのですが、海が直ぐ見えるからのんびり出来たようです。ロン島のバンガローも遠くから海が見えたのですが、海が近くではなかった為か、何もする事がなくて物足りませんでした。直ぐ近くで海が見えるだけで何時間かぼーっとできた。少しお金を払ってでも良いお部屋が良いようです。昔は安い宿から探していたんですけどねぇ。

IMG_9755.jpg

確か朝の9時位ですよ。

IMG_9750.jpg

このロン・サムレム島に3泊したのですが、午前中からこの船が毎日来るんですよ。

ロン・サムレム島に来る船の中で一番大きいです。

IMG_9804.jpg

IMG_9807.jpg

中国の団体観光客です。凄い人数です。

IMG_9809.jpg

荷物がないので、日帰りツアーだと思います。

IMG_9810.jpg

他の桟橋からも

IMG_3986.jpg

IMG_3985.jpg

本当にビックリしますよ。小さい島で一気ですから誰も居ない静かな海岸が渋谷みたいになります。

IMG_9704.jpg

僕たちのコテージの近くの話なんですが、その方々が過ぎ去るとゴミが散らかっています。観察して見ていたらホテルの清掃員が砂を掃き掃除をしていたコテージの中まで入って行って記念撮影をしたり、コテージの玄関にある水道を勝手に使ったりでひどいありさまです。この船が来るたびにホテルのフロントの女の子が出てきて、すごい剣幕で怒っていました。毎日です。両手で出て行けと。チャイニーズ、チャイニーズと怒っていた。それであの中国語の看板があったんだと気づきました。

 

見ていると個人で参加している人達はそんなでもないのですが、10人や20人で参加している人達のモラルが無いように思えます。個人で参加しているような方々で煙草を吸っていても砂浜で煙草を消して持って帰っていた人も居た。全員が悪いわけではありません。

 

僕が後ろから見ていると袋から食べ物を出してゴミを捨てようとしたときに、僕と目が合いゴミを袋に戻したりしていました。悪いと思っているなら最初から袋に入れればいいのに。

 

テレビ番組の、そんな所に日本人で、千原兄がアフリカ大陸で会った、日本人年配夫婦の無口な旦那さんが、「郷に入れば郷に従え」と言っていたのを凄く思い出します。まさしくその通り。

IMG_3979.jpg IMG_3980.jpg

 

下の動画は、その団体さんが居なくなる16時頃です。このころ僕もスーッと力が抜けます。島としてはどちらが良いのだろう?この海岸の一番北には中国の団体さんが泊まっているとみられる大きな宿がありました。24時頃まで大音量で中国音楽が流れていた。

 

ゆっくりの時間に慣れて、僕はもう一泊してもいいなぁ~と思っていた。

でも、また来るかって言われると、どうだろう?ロン島より静かな島だと思い、ロン・サムレム島を3泊取ったのだが、ある時間を抜けては静かではなかった。来てみないと分からないですね。中国マネーに助けられているのも確かだと思います。なので僕が静かな場所を探して今度は旅をします。

夜は花火も上がり、星も綺麗でした。少し夜の海で遊んでみた。

IMG_9816.jpg IMG_9811.jpg

IMG_9827.jpg

それと離島へ何回か行ったことがあるのですが、大半が島の東側ににぎやかな店が集中しています。なんでなんだろう分かる方教えて下さい。西側の方が夕日が見えるのに。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 


海外旅行 ブログランキングへ


国内旅行 ブログランキングへ







関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA