toggle
2020-01-18

凄いぞペナン島、ビールも安い屋台街、美味しいグルメ3日目

2020年1月18火
ペナン島3日目。今日は去年10月にベトナムのハノイへ行った時に知り合いの方から教えてもらったパン屋さん?お菓子屋さん?へ
時間があったので前の日にも場所を確認してみようと行ってみたのですがクローズしていた。売り切れになったら終わるのか、早い時間にしか営業していないのか分からなかったので、今日は10:00に来てみました。

【Leong Chee Kee Pepper Biscuit】 【梁池記老餅家】?【梁池记老饼家】?

場所は分かりにくいのですが昨日の日記に書いた、大東酒樓(Tai Tong)の脇の道に入って行き、右に曲がると、直ぐにこの写真にあるように開けた場所に出ます。写真でプリウスの前辺りにお店がありました。
 
パイ生地の中にココナッツを煮たものがぎっしりと詰まっていて、あまり甘すぎず美味しかったと宏依が言っていた。地元の人達が頻繁に買いに来ていた。有名店みたいです。値段は忘れてしまいました。
 

今日の昼食は、【Hong Kee Bamboo Noodle】【鴻記(廣式)竹昇雲吞面】
お店の前を通るといつも混んでいて気になっていたので行ってみました。麺が売りみたいです。10:30

後で調べたのですがエッグタルトも美味しいらしいです。でも買いませんでした。
 
下の写真が最初に届けられた麺です。僕は「あれっ?」ワンタンを頼んだつもりだったので、このままドンブリを持って定員さんのところまで行き、壁に張ってあった写真を指差し「ワンタン」と言ったら中に入っていると言う仕草。

麺を持ち上げてみると下の方にワンタンが入っていた。何で下に入れるんだろう?麺の上にのせた方が美味しそうに見えるのに。ここも美味しかった。ですが、僕はペナン島のグルメ水準がだいぶ上がっていたのでビックリはしなかった。

ワンタンメン6,7リンギット(約170円)×2、水500mlのペット1,80リンギット(約44円)
税金を入れた合計が、2人で16,10リンギット(約400円)でした。安いねー!

ワンタンメンを食べてから、どうしても昨日のお粥が気になり【龍記 港式点心】【RESTCRAN LEONG KEE TIM SUN】へ 11:00
ここのお粥が忘れられなくて、もう一回行ってしまった。海外旅行では時間も限られているし、せっかくの旅行なので、色々な物が食べたいから同じ店は滅多に行かないんですよ。ですがお粥を食べたくてまた来てしまった。

やっぱり!美味しかったぁ~!味は少し濃い目なのですが凄く美味しい。味覚は人それぞれなのですが僕はおすすめしたいです。
 

お粥を食べてから少しぶらぶら、写真はコムタ下の昔ショッピングモールかな?全て閉まっていたので廃墟の雰囲気もします。コムタビルはペナンのランドマーク的存在の高層ビルです。高層階には展望施設もあり、道に迷ってもコムタビルを目印に方向が分かります。ジョージタウンのバスターミナルもこの付近です。なんとなく分かるのですが観光客の流れはこっちの方じゃないんですよね。勿体無く残念です。

このコムタビルから北に向かうと歩道橋があり上から写真を撮ってみた。私たちが宿泊したホテルもコムタより北方面にありこの歩道橋を渡り直ぐ近くです。ホテルはバスターミナルから徒歩圏内で、安い屋台街の近くにあるから決めた理由です。CAT(無料のバス)のバス停が近くにあるのも決めた理由です。

 

少しぶらぶらしていて、ここも宏依が調べていたインドの食堂ワンプレートカレー屋さん。屋台になるのかな?16:00頃
【Nasi Kandar Line Clear】
来たときは空いていて直ぐに注文ができて直ぐ食べれたのですが、どんどん人が入ってきて凄く混み始めた。次の日に無料バスのCATに乗って前を通った時は行列になっていた。人気店のようです。
 
 
白米と炊き込みご飯のどちらかをベースで選択し、好きな具とカレーを選んでかけてもらうワンプレートご飯です。うん!美味い!色々な香辛料が入っていて日本には無い味です。「日本のカレー専門店は行かないので比較はしていません」アジアの香草類は昔から苦手なのですが、このカレーは美味しかった。(写真の1皿、約日本円で250円)ペナン島は美味しい食べ物がいっぱいで、それも安くて色々感動してきた。今までの海外で美味しい食べ物がこんなにあるのは久しぶりです。
 
マレーシアはマレー系、中国系、インド系の方々が居られるようです。ペナン島は人口の半数が中国系のようです。

また少し散歩。リトル・インディア地域を貫けて北側の海の方へ

下の写真は、ペナン市庁舎(Penang City Hall)

市庁舎隣が直ぐ海です。クルーズ船が止まっていた。
 
ここから見る海はあまり綺麗じゃありませんね。ペナン島はジョージタウン付近にしか居なかったので他の海や町は分かりません。

クルーズ船から伸びていたけど、あまり乗りたくないね。

イギリスのビクトリア女王にささげるために中国人実業家が創立したそうです。地球の歩き方に書いてあった。ビクトリア・メモリアル時計塔

色々回ってチャイナタウンのキムバリー通り(屋台街)に戻ってきた。ホテルからも近く、1日目に食べに来たBEE HOOI CAFEからも直ぐ近くです。19:30

夕飯は今日もこの屋台街で、最初は【Sin Guat Keong Coffee Shop】【新月宮茶室】
少年が焼鳥を焼いていて、まだペナン島では焼鳥を食べていないので寄ってみました。焼鳥12リンギット(約300円)ビール1本17,50リンギット(約430円)
 

上の写真から2件目、BEE HOOI CAFE
下の写真を撮った時間は20:30で暗いですが、BEE HOOI CAFEに着いたのは19:30くらいです。

実を言うと、ここのチャーハンももう一度食べたいと思ったんですよ。私達は海外旅行の限られている時間の中で同じ店で同じ物を食べる事は滅多にないのに、ペナン島では同じ店を2件、お粥とチャーハンを食べた。チャーハンの味付けが美味しくてもう一度食べたいと思ってしまった。

フードコートみたいになっていて、同じ食べ物を売っている店舗は無いと思うので直ぐに分かると思います。ここの店舗の味付けが美味しかったので、店舗の写真に載っていたあんかけ焼きそばも昨日から気になっていて注文したが普通でした。他に昨日も注文したけど、このフードコートの中のおつまみにオイスターエッグもありまた注文してみた。

残念だったのが、このチャーハンが運ばれてきた時、周りを意識して見ていたら、4テーブル同じチャーハンを頼んでいて一緒に運ばれてきた。もしかしたらと思ったが食べた瞬間味が薄かった。あ”ー残念!昨日食べた感動はありませんでした。ショック!
 
ビール14リンギット(約350円)チャーハン7リンギット(約180円)オイスターエッグ10リンギット(約250円)餡かけ焼きそば7リンギット(約180円)

ペナン島(マレーシア)はアルコール類が高いのですが、このフードコートは安かったです。1件目に行ったフードコートよりも安かった。おまけにこっちのビールの方が冷たかったです。重要!

チャーハンもオイスターエッグも作る最初から動画を撮っていたのですが間違って消してしまっていた。残念!

この写真がコムタビルです。高層ビルが1つしかないので目印になります。写真は21時頃
 
ペナン島食べ物が美味し~い。ホントわくわくしてきた。明日も凄く楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA