toggle
2010-06-21

ポーランド旅日記NO.9 帰国

2010/6/21 月曜日
今日は帰国へ
今日も飛行機の出発時間までのんびりと
市日のような所で林檎を買い、かじりながら散歩


ワルシャワ・オケンチェ国際空港からアムステルダム・スキポール空港まで
ハブ空港のアムステルダム・スキポール空港から乗り継ぎで成田国際空港まで
次の写真はワルシャワ・オケンチェ国際空港
写真2枚目・綺麗な方々でした。勇気が無く写真を撮らせて下さいと言えませんでした。


さすがにアムステルダム・スキポール空港では日本人も大勢いた。
次の写真は、アムステルダム・スキポール空港
SUSHI BARやラーメンカウンターも!


何分か前から搭乗口で待っていた時にオーバーブッキングのアナウンスが流れた。
乗る飛行機はオランダ航空なのだが成田行きの飛行機なので、
そのフロアーでは日本語のアナウンスも流れていた。
飛行機が満員なのでボランティアで別の航空機で帰れる方が居ませんかと?
手荷物だけの方でボランティアで乗り換えられてもいい方が
いらっしゃいましたら相談してくださいと。航空機は日本航空だとか。
ん・・・?オーバーブッキング?
ひょっとして乗り換えたらファーストクラスに乗れるかもと!
英語が分かれば飛行機が変わってもいいと言いに行くのに。
もう荷物も預けたから無理かなと色々考えながら列に並んでいた。
段々とゲートに近づいて来たときに一人だけ日本語で何かを話している外人職員を見つけた。
ん・・・。列からはなれ勇気をだしDo you understand Japanese?と
ええ!大丈夫です。だって(^ ^)
(僕はオーバーブッキング大丈夫ですよ)と言ったら、ありがとうございます。だって(^ ^)
でも荷物はもう預けてしまいましたと言うと搭乗券を見せて下さいと。
何か確認をしている様子。飛行機は4時間後でフランス回りかもしれませんですって!
何処へでも連れて行って下さいと。しばらく待っていたらもう荷物は飛行機の中だと!
僕は成田で荷物を預かってもらえれば別々でも大丈夫ですよと言ったが駄目だった。
でも最後にもありがとうございますって言われた。ちょっと嬉しかった。
帰りは早かった。行きは12時間、帰りは11時間。
全く同じルートで時間が1時間も違う何故だか分からない人も居るんだろうなぁ~[m:206]
今回も色々と回り思ったがやはり都会は日本とほとんど変わらない。
田舎に行けば行くほどその国の文化や色が見えてくる僕は田舎に行った方がワクワクする。
少しでも言葉が通じるようになってビールを飲んで歌を歌いながらでも地元の人たちと語りたい。
昔、言葉が全く通じないが、どこの国かで上を向いて歩こうを一緒に歌ったことがある。
何処へ行ってもどうせ旅をしているのだから日本では全く違う文化や体験をしてみたい。
でも暮らすのならある程度の都会がいいかも何でも揃っているし何でも近くにある。
今度、ヨーロッパ方面に行くときは日本で普段着ている服も持って行く。
日本人が居ないから捨てるような服を着ていてもいいだろうと思っていたのが間違いだった。
参考までにツアーではなく海外に行くときは
世界にでも読める名詞を持って行く事もお勧め致します。
今回3回ほど名詞を出す機会があったのですが
枚数が足りなくなり1回しか出せませんでした。
折り紙も持って行ったのですがその場面になると忘れてしまいました。
学生達が周りに集まった時もありました。
その場で鶴でも折れれば良かったと今は思っています。
とドイツでちょっと高い買い物をしました。
日本でいうと伊勢丹や三越のようなデパートでした買い物です。
500ユーロを超える買い物です。ドイツは消費税が19%です。
デパートで免税を申し出るとTAXカウンターを教えてもらえます。
その資料をもって空港で手続きをすると税金が戻ってきます。
19%とまではいきませんが今回は55ユーロ戻ってきました。
日本円で6000円位です。大きいです。
空港での手続きがちょっと面倒ですがお金の為です頑張って下さい。
金額も許容範囲を超えてしまったのでしばらく大人しくしています。

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA