toggle
2020-01-17

ペナン島2日目の美味しいグルメ 龍記 港式点心 徳成飯店 大東酒樓

2020年1月17日
昨日の夜は焼きそばをお土産で買ってきてシャワーを浴び疲れていたので、24時前に寝ました。1日に飛行機を4本乗ったせいか爆睡でした。朝起きて凄く久しぶりに【ここは何処・・・?】ってなった。この感覚ってなんか嬉しい。

寝起きで布団でボーっとしている時に日本では聞いたことがない、ピーーーヨ、ピーーーーーヨと数匹の鳥の大きな鳴き声を聞いて、久しぶりにバケーションしているんだなーと感じた。今日はまだロングバケーションの1日目だと、冒険が始まったばかりなんだと、朝からとても嬉しかった。観光地特有のホウキで掃いている外の掃除の音、ジーンと懐かしくも感じた。

ペナン島2日目の今日は宏依が日本から調べていた食堂へ
下の写真のところはお粥が食べたかったので向かいました。お店に入りメニューがあるのかと思い少しうろうろしていると、お店の人は点心が並んでる保温機の棚から選んで下さいと言うような仕草をしてきた。そうじゃなくてお粥お粥と思い、もう少しキョロキョロ。お粥はメニューに無くて迷っていたが宏依がお店の人に、一言(粥)って言ったら通じた。点心が並んでいるところとは別な棚から盛ってくれた。その後に点心を2皿選んだ。

お粥があることを知らないとお粥にはありつけなかったかも。ひょっとしたらこのお店は朝5時から営業しているので、朝早くか早めの午前中に行けば普通にお粥が並んでいるかもしれません。僕たちが行ったのは12時頃だったのでお粥は保温機の中からでした。でも朝行っていないので詳細は不明です。

龍記 港式点心 (RESTCRAN LEONG KEE TIM SUN)

下の写真のお粥、美味しくてビックリしました。日本ではあまりお粥を食べないからなのか、こんな美味しいお粥は初めてです。日本人は日本の味付けで慣れていて、日本で食べる日本のものが1番美味しいといつも思っているので、海外で日本の味付けより美味しいと感じたのは久しぶりです。点心も美味しいけど点心は普通に感じてしまった。そんな事を言っても他の国の中華より全然美味しいと私は感じます。ペナン島では自分の中のフード基準が上がってしまった。

美味かったー!この生姜が入っているバランスの美味しさ。お粥は出汁がきいている感じです。味は少し濃い目でした。

お粥4リンギット(約100円) 点心4,5リンギット(約110円)×2

次のお店。写真は12時8分です。僕たちが座った瞬間満席になった。食事をする頃には外に数人の列が出来ていました。
ここは大繁盛店。行列になると色々なブログに書いてあったので、お粥を食べてから直ぐに向かいオープン間近に行ってみた。12時前に開いていた感じでした。

徳成飯店(テクセン / Tek Sen Restaurant)

ここも美味かった~!
下の写真。緑野菜の炒め物からで、【鹹魚炒芥蘭】を頼んだつもりだったのですが魚が良く分からなかったので違うものが運ばれてきたかもしれません?MとXLがあってMを注文。10リンギット(約300円) 【麻婆豆腐】Mサイズ14リンギット(約400円) 【チャーハン】Mサイズ8リンギット(約200円) 3枚目の写真で【火肉小辣椒】Mサイズ18リンギット(約450円) 【TigerBeer】ラージサイズ18リンギット(約250円)×2 フード合計50リンギット(約1,300円)ビール2本と税金を入れた総合計が91,15リンギット(約2,300円)安い!

でもここ徳成飯店は周りから比べると少し値段が高いんですよ。それでもこの集客力。外に出るとこのお店の周りだけザワザワしています。それよりも関心したのがスタッフの連携です。このお店繁盛店で回転が早いです。お客さんを送ってからの片付けの早さと、次のお客さんを迎える早さ、直ぐに注文を取りに来る早さを見ていたら関心させられました。日本人から見ればあたりまえかもしれませんがすばらしかった。いやいや日本でも残念な定員さんが最近多いかもしれません。てきぱきと働く東南アジア人たちをあまり見かけないのでビックリしました。

東南アジアの人たち全員ではないのですが、ダラダラと面倒臭そうに片付けをする。片付けるのはまだ良い方で片付けないで携帯電話を触っていたり、とにかく愛想が悪いことが良くある。仕事をする気があるのかと?
下の写真でお肉の写真は「火肉小辣椒」お店の人に凄く薦められた。帰るときに周りのテーブルを見ながら歩いたのですが、殆どの人が注文していました。でも僕は苦手かな。味付けはかなり甘くて食感はお肉なのですが水飴みたいなコーティングがしてあり歯にくっつきます。くっつくので少し食べるのも大変でした。このお肉は全部食べれなかった。メニューにもハートマークが付いていてお薦めみたいなのでこの日記を見て止めるのではなく試してみて下さい。

でも全体的に美味かった~!マレーシア(ペナン島)が予想よりはるかに食べ物が美味しくて嬉しくワクワクしてきた。やはり食べ物は大切です。

消防署

トイレも綺麗なおすすめフードコート。THE JETTY FOOD COURT
 
お腹がいっぱいで、ここでは何も食べませんでした。

姓周橋(Chew Jetty)クランジェッティー
中国から移り住んだ方々の大家族の水上集落みたいです。桟橋沿いにお土産屋さんが並んでいた。いくつか海に突き出して桟橋があるのですが、ここ姓周橋が最大規模を誇るようです。先端まで行って戻ってきました。お土産は買わなかった。
 




海沿いを少し歩きジョージタウンの中の方に入ってきた。ここも宏依が調べていた。Fruitmade

Peach Lover – Medium 8.9リンギット Orange Juice – Medium 7リンギット 合計15,90リンギット(約400円)
アイスを食べながら少し休憩(14:20)

休憩を終え少し散策。お土産屋さんも見ながらぶらぶら。ポストカードを購入したので郵便局を探してみた。海外の郵便局って良く分からないんですよ。でも中に入ります。

郵便局でした。前の人の行動を確認していたら下の写真の白い機械から整理番号を出していたので真似してみた。レシートを取って待っていたのですが、お客さんが誰も居なくなったのでカウンターに行ってみた。私はポストカードを見せてToジャパンと言ったら、50SEN=0,5RM(0,5リンギット)と言われたのでお金を渡した。整理番号はいったい何の為だったんだろう?

夕飯は、大東酒樓(Tai Tong Restaurant)写真を撮った時間は18:05でした。
まだオープン前でしたが、青いTシャツの青年の前を通ったら中に入ってもいいよと手招きされた。地球の歩き方には6:00~14:30、18:15~23:00となっていた。


店内に入り少し待っているとシャッターを開け始めた。ここも宏依が調べていた飲茶レストランです。
 
おばちゃん達がワゴンを押してくる。席に来ると止まるので好きなものを選ぶだけ。

ガタンガタン、ガタンガタン

ここも美味しかった~!ペナン島凄い!


点心9品、瓶ビールを4本飲んで、税金を入れて合計が86,60リンギット(約2,100円)

点心RM3,80×1 点心RM4,20×1 点心RM4,60×4 点心RM5,10×3 ビール4本でRM40,00

ご飯も食べ終わり営業しているところを撮ってみました。


アートを見ながらの散歩です。


ペナン島2日目はチャイナタウンやフェリー乗り場、桟橋辺り(ジョージタウンの南部)をうろうろしていたのですが、明日は他のグルメを楽しみながらアートを探し、リトル・インディアをぬけて北部の海岸沿いまで行ってみたいと思います。

食べ物が美味しいとこんなにわくわくするんだと久しぶりに感じた。明日も楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA